Revolver

関西って素晴らしい @kj88_west

東の滝沢、西のすばる



あけましておめでとうございます。

はい、題名から分かる通り、本当に今年のジャニーズカウントダウン

最高でした。

はい。だんだん紅白組が増えていき、カウコンが...とグチグチ言ってたら放送まで無くなってしまうと言う事態に。何を見て年を越せばいいのか分からない状態だった。

しかし、今年は嵐が6年ぶりの司会。また、紅白に出場するジャニーズグループも会場に駆けつけると言う事で、テレビでの宣伝も非常に多く、期待が高まった。


<注意>ここからは、渋谷すばる担の感想だ。

まず、最初に嵐が司会の姿を見てウキウキした。久しぶりの姿だったのでもうこの時点で「あけましておめでとうございます」状態だ。
グループごとに投票で選ばれた楽曲を歌う。そこで、なんと関ジャニ∞は「大阪ロマネスク」!!!関ジャニ∞のイベントやコンサート等の投票では必ず1位になる名曲だ。
某日テレのLOVEソングの投票とは、訳が違う、と確信した。

渋谷すばる氏のソロでの歌、カメラワーク、ビジュアル、全てが完璧だ。

ここで、年が明け、グループシャッフルメドレー。
関ジャニ∞は、Sexy Zoneの「Cha-Cha-Cha チャンピオン」を歌った。全員がコスプレをしていて、新年早々、関ジャニ∞好きだな、と感じた。

さぁ、そしてやってきた、夢の2ショット。
私は、ここにかけていた。投票したのは、
もちろん「滝沢秀明渋谷すばる」だ。
最初は、二宮和也渋谷すばるにしようか迷ったが何度かこの2人は摂取しているので辞めた。
5位〜3位まで発表された私の気持ちは
「あれ、これ無理っぽい?」だった。
この順位全てに、嵐が絡んでおり不安がよぎった。一応、3位発表の前に久しぶりに修二と彰が観れたのだが、頭には「滝すば」の3文字しか無くそれどころではなかった。また、見返していたら叫びまくりだと思う。
しかし!希望が見えた。それが、2位の発表だった。その、メンバーが「大倉忠義北山宏光」だったからだ。この2人はプライベートで仲が良いが派閥とか言う面倒な事でテレビ上で共演するシーンがなかった。これは、本当にガチの投票なんだな!と。しかも、嵐が絡んでない。行けるかもしれない。ただ、一つ。舞台上に大野くんがいなかったのだ。そう、申年の事も考えてなかったから大野くんなのでは、と。

そして、CM120秒*1を挟み1位の発表。モニターに私の好きなお顔が!!!
その後は、ただただ叫んでいた。家族に白い目で見られていた。しかし、そんな事は今どうだって良い。私が夢に見た2人が並んで歌っている。東の滝沢、西のすばる、と書かれたジュニアっぽいTシャツを着て、しかも、その横で嵐が踊っている。嗚呼、黄金期。私は、けして黄金期世代とかそう言うのではない。ましてや、その時代に生まれた。だが、リアルタイムで見てないからこそ見てみたかった。正直、なめていた。入らないのではと言う不安を持っている自分がバカらしく思えてきた。やっぱり黄金期はすごいんだな、と改めて実感した今回。妥当の1位だ。当時の時代から、おじさんになって皆で笑いあってる。なんて素敵な画なんでしょうか。2016年も最高の年になるでしょう。

*1:長すぎる