Revolver

関西って素晴らしい @kj88_west

私の初・生ジャニーズは?

関ジャニ∞のファンになってから、かれこれ3年が経った。まだ、3年。もう、3年。

関ジャニ∞に初めて生で会ったのは2013年。しかし、これが初の生ジャニーズではなかった。今回のブログは、初めて会ったジャニーズとエピソードを、振り返って見たいと思う。
 
私が関ジャニ∞を好きになった原点は確実に親だと思う。私の母は嵐の大ファンだった。そう、結論から言うと初めて会ったジャニーズは「嵐」だ。嵐と言えば、もうチケットがなかなか取りづらいと言われている。あの札幌ドームでさえも意外と争奪戦らしい。
 
場所は、東京ドーム。2011年のワクワク学校だ。当時、震災の影響で電力不足のためライブとは別の形で行ったイベントだ。今や、嵐の一大イベントの一つだ。ここから、私の記憶が定かではない所もあるので間違っていたら申し訳ない。
まず、母がFC枠でワクワク学校に当選した。*1その当時でもライブはなかなか当選する事が難しく、初の当選だった。こうなったら、東京だ。これは家族で行くしかない。と言うことで続いて一般発売を狙う事になった。私は、この時一般発売がそんなに厳しい物とか、そんな事を意識していなかった。まさかの一般発売で2枚取れたのだ。今思うと、一般の電話に繋がるだけで貴重な為に今考えても、どうしてチケットが取れたのか分からない。でも、とにかく私も行ける事になったのだ。私には妹がいるので母と妹と私で行く事になった。*2*3
そして、待ちに待った当日。新幹線で行った。車内には嵐のツアーバッグを持っている人達がいっぱいで親近感を覚えた。駅に着いてから、何をした、とかは全く覚えてない。ドーム内の記憶がある。先程も書いた通り、母はFC枠。私達は一般。座席がバラバラなのだ。当時、小学6年生。妹と一緒に席にたどり着けるのだろうか。1つ目の難関ポイントだった。中には入ったものの、通路をウロウロしていた。チケット確認して入口のゲートを見ろよって思うけど当時の私には広い場所だし、親いないしテンパっていたのだと思う。とにかく、係員さんにたくさん聞いた。「こちらに行くと...」と言われて行ったところの場所でまた聞いて...。しかし、別の係員さんに聞く度に違う場所を説明されて...。すごく苦労した。そして、まあ何とか着いた。中に入ると、ワクワク学校のセットがあった。だいぶ遠い場所だったけど本物だ、と思った。私は少し目が悪かったのでいつもは授業中だけかけていたメガネを持参して準備万端だ。女性のアナウンスで注意事項を言っているのだが、それもワクワク学校仕様だった気がする。また、「規制退場」など当時の私では難しい言葉を言っていて、母にメールで「規制退場ってなに?チケットはどうするの?」といっぱい聞いていた覚えがある。
 
オープニングの映像が始まった。あまり、きちんとは覚えていないが嵐が馴染みの場所からくるくると回って先生の格好になる。その後に楽屋からリアルタイムの映像でドーム内に入ってくると言ったオープニング映像だった気がする。また違っていたら、ワクワク学校のDVDを見たいと思う。私達の席は、本当に上の方だったので嵐は豆粒だったが同じ空間にテレビの中の人達がいると思うと少し感動した。私は、双眼鏡で嵐を追い、妹は真面目に授業の内容をノートに書いていた。また、二宮くんのプニプニしたお腹を生で見れたのは今考えたら貴重だ。最後には、ワクワク学校の校歌となっている「ふるさと」を歌い、終わった。嵐に会った。感動していたのもつかの間だった。
 
退場時の地獄だ。
私達は、午前の時間の部に参加したので、次の午後の時間の部の人達も東京ドームの外に溢れ返っていたのだ。また規制退場とはいえ、やはり出口付近は混雑している。本当に人が多かったのは覚えている。妹とはぐれないように手を繋いで、皆が進む方向に一応進む。若い女の人に「あんなに、小さい子達もいるんだね〜」と言われたのは覚えている。両親と、こんなに人通りの多い中、出会えるのかそう思ったが案外すんなり見つけられた。
 
 
これが、私の初・生ジャニーズだ。
この後の人生で私は、嵐のグッズドームを1周4時間かけて並んだり、関ジャニ∞のファンになるとは思いもつかなかっただろう。

*1:今現在FC枠は無い。

*2:父の分も取りたかったが、さすがに取れなかった

*3:なので、ドーム周辺でお留守番